FC2ブログ

薬よりも微生物を

先月、沖縄にあるホテル「EMウェルネス コスタビスタ スパリゾート」にしばらく滞在しました。

EMとは有用な微生物群のことで、乳酸菌や酵母などの人間にとって良い働きをする菌の総称です。
このホテルでは飲料水、スパ、レストランやカフェなど、すべてでEM処理されたお水やEMの土壌で育てた食材を使っています。

コロナ感染者がじわっと増えてはいましたが、しばらく体調を崩していたこともあって、
今回はホテルにこもって完全に養生目的の旅でした。

一般的なスパは消毒のための塩素臭が気になって苦手なのですが、ここは全く臭いがありません。
微生物発酵させた薬草の蒸気をあてながらのエステでは、使うオイルも良質のオーガニックです。

そして何よりお食事がおいしくて、たくさん食べてもまったくもたれないのです。
しばらく胃腸の調子が悪くて食事が取れなかったのですが、
ホテルの食事がおいしくて、普通に食べられる自分に驚いてしまいました
どんな薬を飲むよりも微生物の力が有効だったと実感した滞在でした。

もともと酸素の多い地球では何もしないと悪玉菌の方が増えやすい環境だそうで、
そこに消毒薬や農薬などを使いすぎると土壌や水の善玉菌が激減します。
EM菌を増やしてあげると、環境が抗酸化状態になり悪玉菌がおとなしくなるのだそうです。

今、世界中が狂ったようにアルコール消毒をしています。

このまま消毒し続ければ、体の中も外も有用な菌がだんだん減って
私達生き物の免疫力が落ちてしまうのではないかと心配になります。

対策はやはり有用な微生物を体に取り入れる事。
発酵食品やミネラルの多いお野菜などをたくさん食べて、薬を飲み過ぎない事だと思います。

ストレスも腸内の悪玉菌を増やしますから、
時々はテレビから離れて自然を感じる息抜きの時間が必要だと感じます。



体調UPにおすすめのホテルです

紫外線の役割

北海道もやっと暖かくなりました。
寒い寒いと思っていたら急に夏になってしまったような、、、

最近はまたサロンのお客様が増えてきましたが、久しぶりにお会いする方達、みんな肌がきれいでした。
冬にレーザー治療したお顔のシミも再発なく、とてもきれいに取れています。

おそらく紫外線が強くなる4月、5月に外出を控えていたからではないかと思います。

やはり紫外線は肌を老化させるのだ。。。
と、あらためて実感しましたが、だからといって紫外線が人間にとって悪い作用ばかりではないと思います。

私は適度の日差しを浴びないでいると寝付きが悪くなりますし、気持ちも滅入ってしまいます。
雨や曇りの日でも一度は外に出て風にあたり、雲の隙間からの太陽光を感じないと気が済みません。

太陽光を受けることの心身への影響は都会にいた頃よりもはっきりと体感できます。

農作物は基本的に太陽光がなければ育ちませんし、いただくお肉となってくれる動物達もその植物を食べて育ちます。
私達が食べるものはすべて太陽の光のエネルギーが素になっていると思うと、
毎日ある程度の紫外線に当たることは、生命体として元気に生きるためには絶対必要ではないかと。

全く紫外線をあびないと体内でビタミンDが作られずに、骨が弱くなったり免疫力が落ちたりするとも言われています。
長時間浴びる必要はなくて1日10~15分程度で充分だとおもいます。
でもやっぱりシミになるのは嫌ですから、顔だけは常にしっかり日焼け止めでカバーしましょう。

太陽に感謝しながら適量の日差しをあびつつ、肌のお手入れも欠かさず、
健康できれいなお肌を保ちたいですね(^^)


1ヶ月前、適当にまいた数種類の種が発芽しましたが、何の野菜なのか判らない、、、

これからの予防医学

今、免疫力を上げることに感心が高まっています。
予防医学というと、人間ドックをまめに受けることやサプリメントに頼ることと思われがちですが、
これからは体と心の両方をケアしてくれる自分に合った健康法を見つける事が大切だと思います。
血圧や血液検査で正常値といわれても、不調が続くことはよくあります。
もしも、病院へ行けば誰でも安く薬が手に入る日本の医療制度が崩れた時には、
家庭で気軽に使えるハーブやホメオパシー、漢方薬などが見直されるかもしれませんし、
ヒーリングや気功などが当たり前になるかもしれません。
ヨーロッパでは、まず薬局で自然療法のレメディを買って使い、
それでも良くならない時に初めて高額の西洋医学へ行く人が多いようです。
普段から自分の体調をよく見ていないと、何が合うのかわからなくなります。
整体師やヒーラーさんなども、知人からいいとすすめられても自分にはあわないこともありますし、
断食で病気が治る人がいても、断食で体調をくずす人もいます。
菜食が合う人もいれば、適量のお肉は取った方が健康でいられる人もいます。
前後の自分の体調の変化や感覚は、自分にしかわかりません。
いいと思って購入したサプリメントを、変化がわからないままずっと飲み続ける方がいますが、
慢性の蕁麻疹や肝臓に負担がかかる場合がありますので注意が必要です。
漢方薬なども期間を決めて、体調が戻ったら一旦休止したほうが安全です。
原料が自然のものであっても、エキスを抽出したりしてすでに自然の形ではなくなっているからです。
はじめは良いと思って続けている健康法も時に見直してみることが大切です。
すべての人に、副作用なく合う薬や健康法はないと想いますが、
あるとすれば唯一、自然の中で過ごすことかも知れません。
これからは健康寿命を伸ばすために、働き方や住環境などを見直すことも必要かもしれません。
友人が教えてくれた素敵な動画スティーブジョブズ最期の言葉
自分を大切に生きましょう。

自分と向き合う時間

今は、お金や物だけの世界から、人とのつながりや見えないエネルギーが理解される世界へと
移り変わる激動の時代の始まりと言われます。
観光客がいなくなった小樽は静かでさびしくはなりましたが、
アジアからの旅行者が増えて、団体様向けのお店ばかりになってしまった日本の観光地が、
一人一人を大切にする、本来のサービスのあり方に変わっていくかもしれません。
売り上げが減って大変な想いをされている経営者の方達も多いと思いますが、
これも価値観や生き方を変えて行くキッカケになるような気がします。
今の自粛生活は、約4年前小樽へ移って生活が激変した頃の自分を思い出します.
東京での忙しい毎日から、車の騒音もお店もなく、毎朝波の音で目覚めるような生活になりました。
周囲の雑音からシャットアウトされると、意識が必然的に自分へと向かいます。
ほんとは自分は何がしたかったのか、 これからどんな風に生きていきたいのか、
家族との関係や自分の精神状態まで、深く考えるようになりました。
今のウィルスの問題は、疫病という側面だけでなく、世界中の経済を一度止めてリセットすることで、
私達の価値観を根本的に変えて、仕事の内容や人間関係、死生観などと向き合わせながら、
強制的に生き方を変えさせる力があるように思えます。
物理的に離れても、信頼できる人との心のつながりはかえって強くなるかもしれません。
外出をひかえて自宅に籠る生活は、特に都会ではメンタルがやられてしまうことがあるかも。
普段からあまり人のいない場所にいる私でさえ「自粛」といわれるとストレスを感じます。
そんな時は海の風に吹かれて、庭の雑草取りをしてると、いつの間にか気持ちがすごくスッキリします。
心配や恐怖心で頭に上がった気(東洋医学では気逆といいます)が、土に触れる事でお腹に下がります。
同時に体に溜まった静電気がアーシングされるので、神経の流れが整う気がします。
煮詰まってイライラした時は、ガーデニングや、
公園に行って木や土に触れるのもオススメです。^^
 

体の声を聞く

新型コロナウィルスで、神経質になっている方も多いと思います。
人混みを避けて静かに生活できる場合はいいのですが、
都会で仕事しながら生活する方達は、人との接触を完全に避けることは現実として不可能です。
ウィルスは自立した生命体ではなく、他の生物の細胞内に入り込んで増殖する遺伝子の塊です。
自分が増殖するには伴に生きていなければいけません。
本来寄生した生物を殺すつもりはなく、ほどほどに生かしてくれればいいと思っているのでは?
強い薬でやっつけようとするとムキになって大量に増殖するとか、、、私の妄想ですが。。。
感染しないようにマスクや手洗いなどはもちろん大切ですが、
すでに知らないうちに感染していることも充分ありえます。
でも普段からある程度免疫を整えておけば、普通の風邪と同様に
感染しても命をとられるほどに増殖させる事なく体から排泄することができるのではないかと思います。
私はここ数十年間インフルエンザに罹ることも、風邪で重症化した経験もありません。
もともと体が丈夫ではないので、どうしたら健康で気持ちよく暮らして行けるかを常に考え
元気に仕事ができるよう工夫していたところがあります。
それでも年に何回かは喉がイガイがしてくることがありますが、
すぐに抗ウィルス作用のあるプロポリス原液やティートリィーオイルを
数滴たらしたぬるま湯を数時間置おきに飲みますと、たいてい治まってしまいます。
うがいではなく、飲み込むことが大切です。
たまにイガイがが続き、喉の痛みが出てくることもあります。
すこし体がだるくなったり眠くなったりすることもありますが、
この段階で、大好きな甘いものを控え(ウィルスや菌はお砂糖が大好きです)
粗食にして、寝る前に熱いお風呂に入ってから葛根湯や麻黄湯などの漢方薬や、
梅干し入りの熱いほうじ茶を飲んで早めに寝ます。
するとだいたい夜中に首のまわりに大量の汗をかいて、翌朝はスッキリです。
ここで無理に仕事や夜のお付き合いなどを続けてしまうとウィルスが大量に増殖してしまいます。
ちょっとしぶとい場合は、その後お腹が張ってくることがあるので乳酸菌や発酵食品をたくさん取っていると
ちゃんと下から排泄されてさらにスッキリします。
鼻や口から入ったウィルスや菌を、肺や血液まで入り込む前に処理するイメージです。
ウィルスは、腸内環境がよければ血液中で大量増殖して発熱する前に、便としてある程度排泄できます。
今回のウィルスも未知の部分はありますが、
初期の段階であれば同じように対処できるのではないかと思います。
恐怖心にとらわれ過ぎずに、万一かかっても重症化しない免疫力を持つことを考えましょう。
私が自分で風邪薬や抗ウィルス薬をむやみに使わないのは、治った後の体の軽さの違いからです。
人間が自然界から生まれたものだとすると、
自然のものを取り入れて治した方が体にとっては楽に決っています。
非科学的といわれるかもしれませんが、自分の体をよく観察して
体が治ろうとするはたらきを邪魔しないことが大切ですし、
何よりも自分を癒すことにもなりますよね。
海の汚染は、ゴミや放射性物質だけではなく、人間から排泄される大量の化学物質が大きな原因だと聞いた事があります。
私達がむやみに薬を使わない事は、自然環境をこれ以上悪化させない事にも繋がると思います。
注意:プロポリスやティートリーオイルは無農薬で質の良い、食用にできる物を使って下さい。



プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム