FC2ブログ

Freddie 三昧の旅


フレディマーキュリーが、亡くなる3週間前まで過ごした


レマン湖の湖畔にある別荘を訪ねて、スイスのモントルーヘ行ってきました。


フレディが最期に観た景色を、フレディと同じ目線で観るために、


フレディのペントハウスの2つ隣のホテル


彼の部屋のバルコニーからほぼ一番近い部屋を取ってもらいました。


  



1番上のバルコニーがフレディの部屋



「なんて美しい景色  天空に描いた絵のよう  息をのむ美しさ  俺は夢をみてるいるのだろうか‥‥」

ウィンターテイルの歌詞そのままの景色でした。





モントルーはジャズフェスティバルで有名ですが、スイスの高級リゾート地で、


オードリーヘップバーンやチャップリン、トルストイなどの有名人の別荘もそのまま残っていたりします。


どこを観ても絵画のようで、もうすぐ冬なのにたくさんのお花が街中に咲いて、


きれいにお手入れがされていました。




ホテルの内装はシックですが、機能性が高く使いやすくて、やはり生のお花がいっぱいです。


物価はとても高いのですが、果物や野菜は品質がよくオーガニック中心で、


お肉やチーズもとても美味しい。(でも、高い、、、)


要するに、


成熟した大人の国という感じ


ロジャーテイラーによると


「実際の彼はステージのイメージとは全く違って、シャイで礼儀正しく優しい男だった」



死の恐怖と戦いながら描いた晩年の曲にはたくさんの深いメッセージがあります。


「人種や肌の色、宗教により支配される生き方


むき出しの欲望が支配する世界


俺たちはあきらめずに最期まで戦う。


あきらめずにじぶんの道を歩く。」


「自由であれ   自由であれ  自分自身を生きよう」


マスコミや支配する人達への挑戦と、群がる取り巻きの中での孤独などを


美しいメロディと声で亡くなる直前まで歌っています。


モントルーには、いまだにフレディのエネルギーが渦巻いている感じで


フレディのペントハウスの回りをのぞいたり、触ったり、ウロウロとストーカーしました。



フレディのマンション入り口



マンションから湖畔に降りる階段


フレディは絶対ここを通ったはず!



ホテルの近くにはカジノがあって、その中にクイーンが所有して使っていたスタジオが


あり、自由に入って見る事ができます。


フレディが触ったミキシングの機械や直筆の作詞メモ、衣装などもありますが、


日本人は誰もいなくて、来てるのは中高年のおじさん達。


みんな、静かにゆっくりクイーンを楽しんでいました。


やはり大人の街です!


  


             I still love you❣️  Freddie💋

幸福度と寿命の関係

長寿の秘けつを探る番組で、104歳の夫と97歳の妻の元気なご夫婦が取り上げられていました。

耳が聞こえない夫が、歩けない妻のために魚を釣って食事を作り、
妻は耳の悪い夫の代わりに電話に出て話をわかりやすく夫に伝える。
という役割分担をしながらお互い笑顔で楽しそうに暮らしていました。

印象に残ったのは、自分が作った食事を美味しそうに食べる妻を愛おしそうに見つめる104歳のおじいさんの姿です。
美味しい、有り難いと嬉しそうに言葉にする97歳のおばあさんはとってもチャーミングでした。

高齢になると、特に男性は感情表現が下手で周囲とコミニュケーションが取りづらくなりがちです。
病院に入院してくるお年寄りも、まじめな男性の方が寝たきりになりやすいと感じていました。

番組では幸福度と寿命は比例するということでしたが、
夫婦に限らず、信頼できる誰かの役に立ち、感謝のことばを伝え合う
小さな幸福感の積み重ねが健康を保つ秘けつなのかもしれませんね。

97歳のおばあさん 「みんな、もう歳だから生きてても仕方ないっていうけれど、私はぜんぜんそう思わない。
生きてるからこそ楽しいし、あの世行ったって楽しくないよ。生きてる今が一番いいの」

何があっても最期まで生き切ること。
神様が一番喜ぶ生き方じゃないかなと思いました。

今日は私の誕生日。この世に生んでくれた天国の母に感謝したいと思います。

サロンに虹を入れる🌈

沖縄で活動する梅本千秋さんが主催する
天然石アクセサリーとサンキャッチャーの展示販売会を2日間サロンで開催しました。



サンキャッチャーは全てスワロフスキーで、
光がきれいに分かれるようにきちんとカットされたものばかり。

窓から入った光が部屋中にきれいな虹を作る瞬間は感動的で、
これまで私が持っていた安物のサンキャッチャーとは全く別物でした。



海とサンキャッチャーって合うんですね(*^_^*)



小樽や札幌からたくさんの方に来て頂きました。
サンキャチャー作りのワークショップも楽しそうで、最後にそれぞれ選んだ石やデザインから
一人一人に千秋さんの簡単なリーディングのサービス付きです。




お天気の良い1日、
お茶を飲みながらきれいなアクセサリーを選び、
デッキでおしゃべりしながら潮風にあたって過ごしました。

帰る頃には、皆さんリラックスされたいいお顔でした。(*^_^*)

千秋さんありがとうございました。  
サンキャッチャーkirari のホームページですhttps://www.kirari777.com 

森の癒し

いつも海辺に居る生活をしていると、時々無性に山や森の中に行きたくなる時があります。

久しぶりに北海道神宮へ行きたくなって、朝一の高速バスで札幌へ。

お盆休みで混み合っているかと思ったら、人があまり居なくてとっても静かでした。
お盆はやはり、神社よりお寺に人はいくのでしょうか?

いつも海外旅行の団体さんたちで混雑している参道もガラガラです。


参拝の後、神宮内の公園でしばらく森林浴しました


東京の明治神宮は人の手で造られた美しい森という感じですが、
北海道神宮は自然そのままの力強い清々しさがあります。

いくら考えてもたどり着かない答えを求めて頭がグルグルしていたのが
しばらく木陰で深呼吸しながら過ごしていると、
思考が止まって、頭がスッキリしてきました。

海は自分と向き合う強い力が働く場所で
森は優しく癒してくれる場所
そんな気がしました。

Freddie Mercury 再び


昨年ボヘミアンラプソディを観てクイーンに盛り上がっていましたが、
最近またじっくりとフレディの曲を聞くことが多くなりました。

最後のアルバム「イニュエンドゥ」は死への恐怖と、まだ生きて歌い続けることへの執着が
交じったフレディの強いエネルギーを感じますが、
亡くなった後メンバーが編集して発売された「Made in Heaven」は死を受け入れ、静かな心の平安の中で
作られたのではないかと思わせる美しい曲が多い気がします。

あらためてフレディの曲を聴いてると、たくさんのメッセージが込められている事に気付きます。
それを教えてくれたのは東京の知り合いですが、彼女は昨年から不思議な体験をしながら
フレディからのメッセージを受け取り続けています。
(オカルトっぽくなってしまうので詳細は書けません^^;)

フレディは厳格なゾロアスター教の裕福な両親のもとに生まれたペルシャ人でした。
人気ロックバンドとしての表向きの顔とは別に謎もたくさんあり、
彼の5オクターブを使いこなす発声法ができるのは、
地球上のある一部のエリアの種族のみとも言われています。
ゾロアスター教ではサタン(悪魔)といわれたゲイであることに葛藤しながら、
当時のイギリスメディアからのバッシングや偏見、権力などに対する挑戦的な意味を
含んだ曲をたくさん作っています。

メッセージを受けている彼女いわく、
彼が言いたかったのは、世の中が嘘だらけの経済や政治、
紛争などによりマインドコントロールされ、
ゾンビのように生きなくてはならない一般の私たちに「本当の自分自身を生きよ」ということ。
このメッセージを誰もが聴ける「歌謡曲」として地球中に流した。。。ということのようです。

彼自身は「僕の作る歌は一時的な現実逃避というだけで真剣な意味などないです。
すこーしだけメッセージを隠して入れ込んであります」といっていたそうですが。。。

昨年唐突にブレイクした映画「ボヘミアンラプソディ」はクイーンを知らない若者たちにも受け入れられ大ヒットしました。

フレディは今、大混迷の地球に生きる私達に何かを伝えたいのでは?? きっとそうです

朝、海をみながら「My life has been saved」を聴いてると(T_T)


<お知らせ>
8月31日(土)~9月1日(日) 11:00〜17:00 サロンにて
沖縄Kirari様主催
サンキャッチャー、心が整う天然石アクセサリー、魅力アップのスワロフスキーアクセサリーなどの展示会&;即売会を開催します。
オリジナルサンキャッチャー作りのワークショップもあります。(予約制)
トップページに詳しいご案内のバナーがありますのでクリックしてご覧下さい。

代表の梅本千秋さんは沖縄やセドナでツアーガイドをしながら、
サンキャッチャーで全国に光の柱を届けたいと活動するパワフルで素敵な女性です。
kirariさんのブログhttp://www.kirari777.com

イベント開催中は自由に遊びに来て下さいね。

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム