感謝をこめて

先月93歳の母が亡くなりました。

もともと北海道へ戻るきっかけは母の介護だったので、これで一つの役目を
終える事ができたかなという思いです。

母は内科医で外科医の父と一緒に温泉付きの老人病院を作り、80歳頃まで
お年寄りの診療を行いました。診療といってもただお年寄りに笑顔で声をかけるだけ
のようでしたが、ほっとする存在感のある院長だったようです。

大学から東京へ出て35年以上離れて暮らしていたので最後の親孝行のつもりでした。
体が大きくて、いつも元気、人と会っておしゃべりするのが大好きな人でしたが、7年前父が亡くなり
病院の後始末のストレスも重なって徐々に歩けなくなり、頸椎症で手も使えなくなってくると、
東京に居た私をひたすら頼り、子供のように縋ってくる母をみて北海道へ戻る決心をしました。

ここ数年間はずっと一緒で色々な所へ二人で出かけ、沢山の思い出を作りながら、
これまで離れていた分を取り戻すような時間でした。
母は意外にも、眼にみえないエネルギーのこと、私が目指す医療や癒しの世界のことに興味を示してくれて、
小樽のサロンで始めた点滴治療の一番の体験者であり理解者でもあります。

昨年膵臓癌がみつかりましたが、高齢のこともあり抗癌剤はお断りして、病院ではなく
施設でのおみとりを選択しました。
結局一度も痛みを訴えず、最期は酸素吸入も断って危篤状態となってからはあっという間でした。
まるで自分の意志で肉体を抜ける時を見計らい、その瞬間は 「じゃ、いくよ」 って言う感じ。
とても安らかな顔で、潔い旅立ちでした。

今思えば、札幌の実家や母の施設に泊まり込み、仕事もキャンセルして看病していましたが、
正直もうそろそろ限界だわ‥と思っていた頃で、母はそれもわかってくれていたような気がします。

これからは母が身を以て教えてくれた事を、今後の仕事や活動に活かして行きたいと思います。

感謝をこめて 「私を生んでくれてありがとうございました。」

亡くなる2週間前、母が大好きだった祝津の海で
祝津の海で










発酵とエネルギーを学ぶ

先月帯広経由で新得町の共働学舎へお邪魔して、代表の宮嶋さんのお話をきく機会をいただきました。
この日はなんと帯広37度で、日本で1番暑い場所に移動した私達…
せっかく涼しい北海道へ来たつもりの、沖縄や大阪から来た方達もびっくりでした。

宮嶋さんのお話は物理学というより、目に見えないエネルギーや生命のしくみをデーターや実践に基づいた
理論で紐解いていく新しい生命科学のように感じました。


「発酵」と「腐敗」の違い
どちらも微生物の作用ですが、エネルギー的な見方をすれば吸引か放出かの違い
「これがわからないとチーズは作れないから」 と楽しそうに話す宮嶋さん

エネルギーとは電子の流れの事でもあり、電子の流れの良いところはマイナスイオンが豊富で生命をはぐくむ場所になること。
地球にはN極とS極があり1つの大きな電池と考えられる。
人間の身体にも常に1.5Vの電流が流れていて滞ると病気になりやすい。

波長の短い光を多く含む朝日は植物の光合成を促し成長させ、
波長の長い光を多く含む夕陽は蓄えた糖分の発酵を促す。
つまり美味しい作物を作るには西陽にしっかり当てる事が大切   などなど‥‥

すべて理解できたわけではありませんが、学校では教えてくれない最先端の自然科学でした。

共働学舎の農場には、数十カ所に炭埋がされていて電子の流れをコントロールすることで磁場を整えています。
害虫が少なく植物がよく育ち、牛舎が臭くありません。
こちらではホルスタインではなく、やや小さめで引き締まったブラウンスイスという牛のミルクを使ってチーズが作られています。
搾りたての牛乳をいただきましたが、サラッとクセがなくて口や喉に残らないとてもきれいな味でした。
私は牛乳が苦手なのですが、初めて美味しい牛乳をいただいたと感じました。
そのミルクで作ったチーズはもちろん絶品です。

ここでは社会や家庭で行き場のない人、障害を持った人などを受け入れて一緒に仕事をし、
助け合って生活する共働体が成り立っています。

ドラマのような理想が実現しているようにみえますが、その裏で宮嶋さんご夫妻の壮絶な人生と
ご苦労があるのだと思います。

いつもニコニコ子供のように笑う宮嶋さんは、トップ経営者であり、最先端の物理学者でもあり
人を引きつける魅力的な方でした。






映画「かみさまとのやくそく」

先日、渋谷で「かみさまとのやくそく」 というドキュメンタリー映画を観ました

横浜で産科医院を開業する池川明先生が、子供やお母さんから聞き取った胎内記憶
の記録映画です。
2~3歳の子供に、お母さんのお腹の中にいた時のことや出産時のことを記憶している子供がいて、
さらに受精する前や、前世の記憶まで話しだす子がいるのです

最近特にこのような子供が多くなっているとの事ですが、
私は多分ずっと以前からこのような子供はいたのだけれど、
誰にも訪ねられる事はないし、話す機会がないまま大人になっていたのではないかと思います。

池川先生のように、子供の声を聞き取り、意識や魂の存在を認めてくれる医師や教育者が
少しずつ増えているのだと思います。

ほとんどの子供は、生まれる前にテレビのような画面で何人かの親の映像をみて、
自分のお母さんを選ぶといいます。
理由は 「優しそう」 「きれい」 「助けたい」 などいろいろです。

寂しいことに、お父さんの存在はうすくて、妊娠中にお母さんのお腹にやさしく話しかけないと
生まれてから初めて見るお父さんは、ただの知らないおじさんなのだそうです。^^;
ましてや夫婦喧嘩ばかりしていると、お母さんをいじめた怖い人になってしまうのだとか‥

そして生まれて来た目的で一番多いのが 「人の役に立ちたい」 でした
子供は何もわからない未熟な存在ではなくて、明確な目的を持ってこの大変な時代に降りて来てくれた
勇気ある存在なのだと思います。

実は私も3歳ころまで、この世ではない七色のきれいな光の中にいた記憶がありました。
成長するにつれその感覚は薄れてしまいましたが、
それは本当に「喜び」しかない世界で、楽しいをこえた「歓喜」といえる世界でした。
私たちはもともとそういうところに居たのです。
心配や悩みや病気のあるこの世へ来て魂を成長させて、また楽しいあの世へ帰ると思えば
乗り越えられない事は何もありません。

新月の朝のパワフルな日の出です

正直に生きる

北海道神宮の近くにあるカフェで、カウンターに素敵なことばが書いてあるボードがありました


デビッド ルイスという哲学者の言葉だそうです

自分に対して正直に生きるということ

本当にしたい事、したい仕事、
本当に好きな人、本当に着たい服
本当にしたい暮らし方、本当にしたい生き方、、、
しているようで、できていないことが多いかも

常識や親の価値観、周囲の評価などで決めてしまうと
本当の幸福感が解らないまま人生を送ってしまうことになります。

頭ではこれでよいと思っていても、
胸の奥にある本当の自分や魂が求めることとあまりにも乖離していると
いつか、どこかでお知らせが来るような気がします。
それは、人間関係の摩擦や、原因不明の体の不調や病気など

だから病気は生き方を見直すよい機会なのです。

「正直に生きる」  深いことばです(*^_^*)

火の力

突然雪が降り出し最高気温−2℃で、小樽は完全に冬の気配です。
庭の植物はまだ少し紅葉してたのに、容赦なく上から雪が積もって強制的に”秋終了”っていう感じですね。(-_-)

気持ちも切り替えて冬支度。
昨日は寒かったので今年初めて薪ストーブを焚いてみました。
きれいな炎で一気に高温にするのが意外と難しくて、去年はピザを入れるタイミングがわからず、
生焼けになってしまいました。
今年は少し学習し、わりと短時間で高温になりきれいに燃え続けてくれました。

薪ストーブを焚くと、部屋のエネルギーが変わる気がします。
炎を見つめると脳内α波が出てリラックスするのはよく知られていますが、
それだけでなく部屋の空気の粒子が細かくなるというか、優しくなるというか…暖かさと安心感で満たされるというか…

そして、ストーブにケトルを乗せてゆっくりと沸かしたお湯で入れたお茶の美味しいこと(*^_^*)
びっくりしてお湯だけ飲んでみたら、甘みのあるまろやかな味に。
確かマドモアゼル愛先生が、薪ストーブは煙突とストーブ内の圧の差で、吸引作用が起こり、
フリーエネルギーを集めるとおっしゃっていたような気がします。

昔の人が元気だったのには、こんな理由もあるのでしょうね。

ユズちゃんも火を恐がることなく、すぐにリラックスしていました。

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム