ココのメッセージ

この度の大雨による災害で被災した方々への、ご冥福とお見舞いを心から申し上げます。


先月サンフランシスコの動物園にいた、手話で会話できるココというゴリラが46歳で亡くなったとニュースにありました。
ココは人間と同じような感情があり、哲学的な意味深い言葉を残しています。

<ある時の死についての会話>
Q:  ゴリラは死ぬ時どう感じるのかしら?幸せ?悲しい?それとも怖い?
ココ: 眠る
Q:  ゴリラは死ぬと何処へ行くの?
ココ: 苦労のない穴に  さようなら 
Q:  ゴリラはいつ死ぬの?
ココ: 年取り、病気で

動物は人間のように死に対する恐怖がなく、自然なことと受け入れているようです。

<以下はパリの温暖化対策会議で紹介されたココの特別メッセージ>
   私はゴリラ
   私は花  私は自然
   ココは人間が大好き  地球が好き
   でも人間は愚かだ
   ココは残念  ココは泣く
   時間がない
   地球を助けて  地球を守って
   自然があなたの行動を見ている
   ありがとう


日本の大雨だけでなく、世界中で自然が猛威をふるっています。
海を汚し、山を切り崩し続けた結果
もう待ってはくれないかも知れません

できる限り、水を汚さないよう、自然の力を敬いながら、日々を大切に生きて行こうと思います。

広島

先日、皮膚科学会で広島へ行ってきました。
広島は初めてでしたが、いつか行ってみたいと思っていたので良い機会でした。

平和記念公園の原爆資料館で死没者の遺影や遺品、体験記などを見てきましたが、
ほとんどが海外の方で、皆静かに真剣に展示品を見入っていました。

原爆ドームを見て、平和記念公園をゆっくり歩きながら感じたのは、意外にもとても暖かくて明るいエネルギーでした。
たくさんの人が苦しみながら亡くなった場所とは思えない、清々しさと優しさにあふれた波動を感じました。
ここは”世界中の人が集まり真剣に平和を祈る”場所になっている
”自分の幸せではなく、戦争のない平和な世界を心から願う”場所になっている
という事実が広島を最強のパワースポットにしているのではないかと思います。


日本人ならやはり一度は行っておくべき場所かも知れません。




夕陽が落ちる前に急いで宮島まで足を運び、厳島神社もお参りする事ができました。

ペットの愛

4月22日は最愛の猫ユズちゃんの命日でした。

みんなに「美人さんね~」と言われると嬉しそうに仰向けになって首をかしげてゴロゴロ言うけれど
、気に入らない人には シャーッして猫パンチが飛びます。

「遊びたい」「こっちに来て」「違うの食べたい」とか意思表示がハッキリしていて話しかけるとだいたいお返事してくれました。
私とは、親子のようであり、姉妹みたいな、女友達のような感じ…

弟分のビーちゃんが急に亡くなった後は、初め平気な顔してましたが骨壷に何度もスリスリしてたので
やはり寂しかったのだと思います。。。

ユズちゃんが急にご飯を食べられなくなったのは去年の3月頃でした。
小樽の獣医さんでは詳しい検査が出来ないため札幌の北大の動物病院で精査したところ
、膵臓から胆管にかけて腫瘍が見つかり気管支周囲まで広がっていて手術などの治療は困難な状態でした。

どうしても原因が知りたくて、苦しい検査をさせてしまった後悔が残ります。
いやがるのを押さえつけて流動食を食べさせた時に
しっかりと私の目をみて「お願いもうやめて」と言われた気がしてハッとしました。

「ごめんね。。。もう嫌なことはしないからね」といってユズの仔猫の時の写真を見せながら、
「ユズは本当に可愛かったわよー」
「ほらよくボールで壁打ちして遊んだねー楽しかったねー」
「ユズは世界で一番大好きな猫ちゃんよ」
と言ったらまるで人間みたいに嬉しそうな表情になって目をキラキラさせていて、、
そしてその日の夜中に急変して旅立っていきました。

丁度その頃、母も膵臓癌で闘病中でしたが、ありがたいことに全く痛みがなく何の治療もせずにおだやかに
過ごしていましたので、ユズが母の苦痛を少し肩代わりしてくれたのかもしれないと思っています。

飼い主に大きな苦痛や危険があるときに、ペットが身代わりになることがあるという話は
獣医さんからも聞いたことがあります。

ユズは母だけでなく、母が苦しむことで私も辛い思いをするのを解っていたのでしょう。
ペットの大きな愛に感謝でいっぱいになります。

ユズちゃんありがとう

7年目

もうすぐ東日本大震災から7年になります。

当時東京で開業していて、地震が起こったのは午後の最初の患者さんの診察が終わった直後でした。
それまで度々小さな地震が多かったので、初めはいつものだと余裕でいたら、
ビル全体が横に揺れだして、患者さんやスタッフと一緒に階段で1階まで降りて外へ飛び出しました。
道路には沢山の人が出て来ていて、お豆腐のように揺れるビルを心配そうに見上げていました。

そのとき、必死で階段を降りながら頭に浮かんだ言葉はなぜか「ついに始まった!」でした。
何が始まったのか、よくわからないのですが自分の中で何かのスイッチが入った気がします。

その日はすべての交通がストップしてクリニック前の駒沢通りは歩いて帰宅する人たちの
難民大移動のような大行列。
コンビニやスーパーの食品はあっという間に何もなくなり、福島第一原発事故で
東電から節電の通達がされ、店舗も閉まっているところが多く、駅構内は薄暗い状態が続きました。
毎日あたりまえに食べているものは、都会では一瞬でなくなり、電気がないとすべてが停止することがわかりました。
すべてがかげろうみたいに感じられて唖然となりました。

被災地では自分以外の家族6人すべてを一瞬で失った方、行方不明の子供を探し回るお母さん。
いつも当たり前にそばにいてくれる家族や友達も、明日もまた会えるとは限らない。
だから伝えたい感謝の気持ち、謝りたかったこと、好きだと言えなかったことを言葉にだしておこう。。。
震災の後はこんなことを考えながら暮らしていました。

7年目の今、またあのときの事を思い出しています。
都会を離れて時間がゆっくり流れる今の環境にいると、
海の波のリズムと自分の呼吸を合わせたり、
自分で作った野菜を食べたり、
ご近所の漁師さんにとれたてのお魚をいただいたり。
これはかげろうではなく、実在する生活です。

私は都会も大好きで、新しい事を学び刺激を受けて成長できる場所だと思いますが、
これからは、時々自然に戻れる場所を確保することがとても大切な気がします。

そして、無償で空気や水を与えてくれる、私たちを生かしてくれている地球に
心からの感謝を忘れず。。。

真冬のレタス

1月の中旬になると、そろそろ雪には飽きて春が待ちどうしくなります。

昨年11月からサロンに設置した水耕栽培装置では、寒さに耐えてレタスが順調に育っています。
室温も低いので発芽にも時間がかかり、一般には約一ヶ月ほどで食べられる大きさになりますが
ここでは約2ヶ月ほどかかりました。

ジッと見つめて「寒いのによくそだってるね~」「今日も元気ね~」とか声をかけていると
葉っぱがツヤツヤしてきてみるみる大きくなりますが、忙しかったり旅行などでしばらく見ないでいると
明らかに成長が止まってしまいます。意識圧の不足です。

私はこれまでレタスはサンドイッチで食べるくらいで、特別美味しいと思った事がなかったのですが、
とりたてのレタスは味が濃くて甘みがあって、少量でも野菜を食べた満足感がありますね。

この水耕栽培装置は、酵素と少量の液肥を加えた水を定期的に還流させて水圧をかけ、
発酵促進させて、成長に必要な成分を根から充分吸収させています。
病気になったり害虫がつく作物は、たいてい根が弱々しくなっているそうですが、畑では簡単に根を観察する
ことはできません。
でも水耕栽培だとポットを持ち上げるといつでも根の状態をチェックできます。
まだ小さな双葉の時に下をみると、その何倍もの大きさに根を張り巡らせていてびっくりすることがあります。
成長期の子供みたいです^^

種の力にも驚きます。
試しに5年以上前に購入したパクチーとイタリアンパセリの種も発芽するかやってみましたが
3週間経っても発芽せず、あきらめて処分しようかなと思ったところ、なんと4週間目で一個
発芽しているのに気がつきました。
「ちょっと待ってよー」 という感じで、その後も1つ、2つと発芽して来ています。
種には植物として成長する遺伝子だけでなく、空間と時間を読む何かが記憶されているのでしょう。

1ヶ月かけて発芽した双葉ちゃん感動です




プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム