fc2ブログ

冬至の日に思うこと

今日は冬至です。
1年で一番、日照時間が短く夜が長い日

小樽の冬はいつも薄暗く、雪が降ると家に閉じ込められるような気持ちになるので
つい暖かいところへ行きたくなってしまいます。

特に今年は母が亡くなり、ユズ(猫)も亡くして、冬の寒さが堪えました。
この世で生きる以上、大切な人との別れは避けられないのですが、
だからこそ一緒に過ごせる時間を大切にして、心が震える体験をたくさんしておく。。。
切ない地球で生きて行くためには必要な覚悟かもしれません。

そして今年は新しく知り合った方も多い反面、形だけのおつきあいだった組織や人間関係を整理できた年でもありました。
複雑な枝葉を切り落としてスッキリさせて、新しい芽を待つ。終わりと始まりです。

今日が冬至ということは、明日からだんだん日が長くなっていくという嬉しさもあります
折り返し点であり、切り替わる時
今年の冬至はこの切り替えのエネルギーがとても強い気がします。

冬至の今日、海の写真を撮るととても力強いパワーを感じました。






レタスの子供達

11月25日、水耕栽培セミナーの時に種を蒔いたレタスの苗がちょっとずつ成長しています。
サロンは使用しない日は暖房を入れないので寒い日は5~6℃まで室温が下がります。
パネルヒーターをつけても12~3℃で、空気も乾燥していてレタスには厳しい環境です。

沖縄から戻り、久しぶりにそーっと覗いてみると、、、意外と元気そう
成長速度がかなりゆっくりですが、根を見ると元気に伸びているのでひと安心です。
講師の松原さんによると根の観察ができるのも水耕栽培のメリットで、
葉っぱに元気がない時は根を見ることが大切だそうです。

奥の列の成長が遅れ気味なのは、ついつい手前の子達ばかり観てしまい意識圧の差かな?
と思って奥の子達にも意識を向けるようにしたら、やはりグングン伸びて来ました🌱

エネルギーが入る条件は圧や振動です。その中でも意識の圧が一番大きく影響するのだとか。
沖縄の農家の方々も、よく観ることと畑を歩きまわって振動させることで野菜の成長が全然違って来るとおっしゃいます。

来年は寒い小樽で美味しいレタスがいただけそうです。(^^)


プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム