fc2ブログ

Freddie三昧の旅


フレディマーキュリーが、亡くなる3週間前まで過ごした


レマン湖の湖畔にある別荘を訪ねて、スイスのモントルーヘ行ってきました。


フレディが最期に観た景色を、フレディと同じ目線で観るために、


フレディのペントハウスの2つ隣のホテル


彼の部屋のバルコニーからほぼ一番近い部屋を取ってもらいました。


  



1番上のバルコニーがフレディの部屋



「なんて美しい景色  天空に描いた絵のよう  息をのむ美しさ  俺は夢をみてるいるのだろうか‥‥」

ウィンターテイルの歌詞そのままの景色でした。





モントルーはジャズフェスティバルで有名ですが、スイスの高級リゾート地で、


オードリーヘップバーンやチャップリン、トルストイなどの有名人の別荘もそのまま残っていたりします。


どこを観ても絵画のようで、もうすぐ冬なのにたくさんのお花が街中に咲いて、


きれいにお手入れがされていました。




ホテルの内装はシックですが、機能性が高く使いやすくて、やはり生のお花がいっぱいです。


物価はとても高いのですが、果物や野菜は品質がよくオーガニック中心で、


お肉やチーズもとても美味しい。(でも、高い、、、)


要するに、


成熟した大人の国という感じ


ロジャーテイラーによると


「実際の彼はステージのイメージとは全く違って、シャイで礼儀正しく優しい男だった」



死の恐怖と戦いながら描いた晩年の曲にはたくさんの深いメッセージがあります。


「人種や肌の色、宗教により支配される生き方


むき出しの欲望が支配する世界


俺たちはあきらめずに最期まで戦う。


あきらめずにじぶんの道を歩く。」


「自由であれ   自由であれ  自分自身を生きよう」


マスコミや支配する人達への挑戦と、群がる取り巻きの中での孤独などを


美しいメロディと声で、亡くなる直前まで歌っています。


モントルーには、いまだにフレディのエネルギーが渦巻いている感じで


ペントハウスの回りをのぞいたり、触ったり、ウロウロとストーカーしました。



フレディのマンション入り口



マンションから湖畔に降りる階段


フレディは絶対ここを通ったはず!



ホテルの近くにはカジノがあって、その中にクイーンが所有して使っていたスタジオが


あり、自由に入って見る事ができます。


フレディが触ったミキシングの機械や直筆の作詞メモ、衣装などもありますが、


日本人は誰もいなくて、来てるのは中高年のおじさん達。


みんな静かにゆっくりとクイーンを楽しんでいました。


やはり大人の街です


  


             I still love you❣️  Freddie💋

幸福度と寿命の関係

長寿の秘けつを探る番組で、104歳の夫と97歳の妻の元気なご夫婦が取り上げられていました。

耳が聞こえない夫が、歩けない妻のために魚を釣って食事を作り、
妻は耳の悪い夫の代わりに電話に出て話をわかりやすく夫に伝える。
という役割分担をしながらお互い笑顔で楽しそうに暮らしていました。

印象に残ったのは、自分が作った食事を美味しそうに食べる妻を愛おしそうに見つめる104歳のおじいさんの姿です。
美味しい、有り難いと嬉しそうに言葉にする97歳のおばあさんはとってもチャーミングでした。

高齢になると、特に男性は感情表現が下手で周囲とコミニュケーションが取りづらくなりがちです。
病院に入院してくるお年寄りも、まじめな男性の方が寝たきりになりやすいと感じていました。

番組では幸福度と寿命は比例するということでしたが、
夫婦に限らず、信頼できる誰かの役に立ち、感謝のことばを伝え合う
小さな幸福感の積み重ねが健康を保つ秘けつなのかもしれませんね。
97歳のおばあさん 「みんな、もう歳だから生きてても仕方ないっていうけれど、私はぜんぜんそう思わない。
生きてるからこそ楽しいし、あの世行ったって楽しくないよ。生きてる今が一番いいの」

何があっても最期まで生き切ること。
神様が一番喜ぶ生き方じゃないかなと思いました。

今日は私の誕生日。この世に生んでくれた天国の母に感謝したいと思います。

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム