fc2ブログ

これからの予防医学

今、免疫力を上げることに感心が高まっています。
予防医学というと、人間ドックをまめに受けることやサプリメントに頼ることと思われがちですが、
これからは体と心の両方をケアしてくれる自分に合った健康法を見つける事が大切だと思います。
血圧や血液検査で正常値といわれても、不調が続くことはよくあります。
もしも、病院へ行けば誰でも安く薬が手に入る日本の医療制度が崩れた時には、
家庭で気軽に使えるハーブやホメオパシー、漢方薬などが見直されるかもしれませんし、
ヒーリングや気功などが当たり前になるかもしれません。
ヨーロッパでは、まず薬局で自然療法のレメディを買って使い、
それでも良くならない時に初めて高額の西洋医学へ行く人が多いようです。
普段から自分の体調をよく見ていないと、何が合うのかわからなくなります。
整体師やヒーラーさんなども、知人からいいとすすめられても自分にはあわないこともありますし、
断食で病気が治る人がいても、断食で体調をくずす人もいます。
菜食が合う人もいれば、適量のお肉は取った方が健康でいられる人もいます。
前後の自分の体調の変化や感覚は、自分にしかわかりません。
いいと思って購入したサプリメントを、変化がわからないままずっと飲み続ける方がいますが、
慢性の蕁麻疹や肝臓に負担がかかる場合がありますので注意が必要です。
漢方薬なども期間を決めて、体調が戻ったら一旦休止したほうが安全です。
原料が自然のものであっても、エキスを抽出したりしてすでに自然の形ではなくなっているからです。
はじめは良いと思って続けている健康法も時に見直してみることが大切です。
すべての人に、副作用なく合う薬や健康法はないと想いますが、
あるとすれば唯一、自然の中で過ごすことかも知れません。
これからは健康寿命を伸ばすために、働き方や住環境などを見直すことも必要かもしれません。
友人が教えてくれた素敵な動画スティーブジョブズ最期の言葉
自分を大切に生きましょう。

自分と向き合う時間

今は、お金や物だけの世界から、人とのつながりや見えないエネルギーが理解される世界へと
移り変わる激動の時代の始まりと言われます。
観光客がいなくなった小樽は静かでさびしくはなりましたが、
アジアからの旅行者が増えて、団体様向けのお店ばかりになってしまった日本の観光地が、
一人一人を大切にする、本来のサービスのあり方に変わっていくかもしれません。
売り上げが減って大変な想いをされている経営者の方達も多いと思いますが、
これも価値観や生き方を変えて行くキッカケになるような気がします。
今の自粛生活は、約4年前小樽へ移って生活が激変した頃の自分を思い出します.
東京での忙しい毎日から、車の騒音もお店もなく、毎朝波の音で目覚めるような生活になりました。
周囲の雑音からシャットアウトされると、意識が必然的に自分へと向かいます。
ほんとは自分は何がしたかったのか、 これからどんな風に生きていきたいのか、
家族との関係や自分の精神状態まで、深く考えるようになりました。
今のウィルスの問題は、疫病という側面だけでなく、世界中の経済を一度止めてリセットすることで、
私達の価値観を根本的に変えて、仕事の内容や人間関係、死生観などと向き合わせながら、
強制的に生き方を変えさせる力があるように思えます。
物理的に離れても、信頼できる人との心のつながりはかえって強くなるかもしれません。
外出をひかえて自宅に籠る生活は、特に都会ではメンタルがやられてしまうことがあるかも。
普段からあまり人のいない場所にいる私でさえ「自粛」といわれるとストレスを感じます。
そんな時は海の風に吹かれて、庭の雑草取りをしてると、いつの間にか気持ちがすごくスッキリします。
心配や恐怖心で頭に上がった気(東洋医学では気逆といいます)が、土に触れる事でお腹に下がります。
同時に体に溜まった静電気がアーシングされるので、神経の流れが整う気がします。
煮詰まってイライラした時は、ガーデニングや、
公園に行って木や土に触れるのもオススメです。^^
 

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム