fc2ブログ

真冬のレタス

1月の中旬になると、そろそろ雪には飽きて春が待ちどうしくなります。

昨年11月からサロンに設置した水耕栽培装置では、寒さに耐えてレタスが順調に育っています。
室温も低いので発芽にも時間がかかり、一般には約一ヶ月ほどで食べられる大きさになりますが
ここでは約2ヶ月ほどかかりました。

ジッと見つめて「寒いのによくそだってるね~」「今日も元気ね~」とか声をかけていると
葉っぱがツヤツヤしてきてみるみる大きくなりますが、忙しかったり旅行などでしばらく見ないでいると
明らかに成長が止まってしまいます。意識圧の不足です。

私はこれまでレタスはサンドイッチで食べるくらいで、特別美味しいと思った事がなかったのですが、
とりたてのレタスは味が濃くて甘みがあって、少量でも野菜を食べた満足感がありますね。

この水耕栽培装置は、酵素と少量の液肥を加えた水を定期的に還流させて水圧をかけ、
発酵促進させて、成長に必要な成分を根から充分吸収させています。
病気になったり害虫がつく作物は、たいてい根が弱々しくなっているそうですが、畑では簡単に根を観察する
ことはできません。
でも水耕栽培だとポットを持ち上げるといつでも根の状態をチェックできます。
まだ小さな双葉の時に下をみると、その何倍もの大きさに根を張り巡らせていてびっくりすることがあります。
成長期の子供みたいです^^

種の力にも驚きます。
試しに5年以上前に購入したパクチーとイタリアンパセリの種も発芽するかやってみましたが
3週間経っても発芽せず、あきらめて処分しようかなと思ったところ、なんと4週間目で一個
発芽しているのに気がつきました。
「ちょっと待ってよー」 という感じで、その後も1つ、2つと発芽して来ています。
種には植物として成長する遺伝子だけでなく、空間と時間を読む何かが記憶されているのでしょう。

1ヶ月かけて発芽した双葉ちゃん感動です




プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム