fc2ブログ

日差しと汗をかくことの大切さ

北海道に来て感じる事は、人の気質がある程度その土地の気候と関係するのではないかということ。

特に日本海側の厳しい雪やどんよりとした曇りの日が多い気候だと、外出することが減って一日家に居ることが多くなり
黙々と雪かきをする毎日‥‥

我慢強くて、口数が少ないけれど、優しくて正直な人が多い
特に小樽の祝津は漁師さんが多く、ぶっきらぼうでちょっと恐いと思う事がありましたが、知り合うと皆親切です。

北海道は以外とうつ病が多いと聞いた事がありますが、特に高齢の方は家に籠りがちで日差しに当たらないと
うつになりやすいと思います。

そしてもう1つ気になる事が寒さで汗をかきにくい事。
人間の皮膚の重要な役割は本来排泄機能なのですが、肌から何かを入れようと頑張るよりも、
いらないものをきちんと出すことが体の健康のためにはもとても大切です。

年末からお正月にかけて、疲れが溜まり、頭が重くて風邪気味かなと思った時に
健康おたくの私が東京から大切に持って来た家庭用のサウナ(かまぼこみたいなやつです)を引っ張り出して
酵素入りの水を飲みながら何度か大量の汗をかいたところ、風邪はもちろん、以前より体が軽くなってかなりスッキリしました。

同じように寒い北欧でサウナに入る習慣があるのはとても納得です。
北国の人はもっと汗をかかなくてはいけない!!と思った今年の冬です。


低気圧で高波警報がでるとやってくるサーファー達‥ 溺れてるようにもみえる‥

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム