FC2ブログ

ホルモン補充療法について

先日NHKで更年期症状に対してホルモン補充療法がいかに優れているかという内容の放送がありました。
確かに日常生活が難しくなるほどの辛い状態ならば即効性があり楽になるのかもしれませんし、
どうしても必要な方はいらっしゃると思います。

でも更年期症状は病気ではなく女性が人間として歳をかさねる上での自然な現象です。
更年期症状は普段のストレスが強い人、冷え性や免疫力が弱い人、なんでも完璧にこなそうとがんばる人
などで悪化しやすいとも言われます。

体の中では、卵巣を何とか働かせようと脳の下垂体が頑張りすぎて近くにある自律神経の中枢まで狂わせてしまうため、
発汗異常、手足の冷え、不眠、倦怠感、イライラなど自律神経の機能異常と同じような症状がみられます。

ただ自然の経過で卵巣機能が衰えていくだけなのに、無関係の自律神経まで狂わせてしまうため
体の生理機能に異常が出てくるわけです。

これを最小限に抑えるには、普段から自律神経の働きを安定させておけばよいのです。

ゆっくりお風呂に入る、美味しい物を味わってゆっくり食事する、時々自然に触れて過ごす、頭が空っぽになる時間を作る、
仕事を忘れて没頭できる趣味を持つなど…

数十年前、今のようなホルモン補充療法がなかった頃は体調に変化があっても一時的なものとわかっているので
自然におさまるのを待つ事ができたし、今ほど辛い症状に悩む女性が少なかったのではないでしょうか。

言い換えれば、今ほど自律神経のバランスが狂ってる時代はないと言う事です。

すべての薬を否定するわけではありませんが、減ったから補充するという発想だけでなく、
更年期症状だと思ったら、薬を使いながらでもこれまでの生活を見直して自分の体を大切に扱うこと。
病気ではなくて自然の経過であることをまず脳にインプットして下さい。

海の側はマイナスイオンが豊富で、自律神経の機能を回復させる力があると思います。
ぜひ波の音を聞きながら、施術を受けにいらしてください(^^)

波がハート形に雪を残してくれました💛


<お知らせ>
テネモス国際環境研究会の釘本さんが「ゆめのたね」というインターネットラジオで
「あたりまえの世界」という番組のパーソナリティーをされています。
12月の収録に呼んでいただいて、サロンドプラージュのこと、私の「健康おたく」の体験などお話させていただきました。
放送は終わりましたがアーカイブで聞く事ができます。
お時間があれば聞いてみてください ゆめのたねアーカイブス

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム