エネルギーから現象をみる

テネモス国際環境研究会の元理事長の飯島秀行さんにお会いしたのは亡くなる少し前でした。
当時研究所の敷地内で診療所を開業されていた外科医の土橋先生の元へ勉強を兼ねて何度か足を運ぶうちに
飯島さんや現理事長の釘本さんともお会いする機会をいただきました。

⚫︎すべての物は振動していて独自の周波数を発している
⚫︎すべての物はエネルギーが入る状態(吸引)か、出て行く状態(放出)になっている。吸引状態だと生命活動が維持され、放出状態だと崩壊(死)に向かう
⚫︎エネルギーは圧の高いところに集まる
⚫︎エネルギーはギャップ(圧の差や不調和)があるとそれを中和するために集まる
⚫︎薬や食べ物などの物質自体には何も力がなくエネルギーを吸引する条件としての存在があるだけ
⚫︎エネルギーは出したものが返ってくる。まず出さないと入ってこない。
⚫︎同じ周波数は引き合うので、自分の出したエネルギーと同調したものを引き寄せる
⚫︎すべてに存在する微生物の振動がエネルギーを集める。発酵はエネルギー吸引化現象である
⚫︎圧には気圧、水圧、物質圧などあるが、1番大きく作用するのは意識圧である

私なりの理解ですがこのような自然に働く法則を知ってからは、物事の見方が180度変わりました。
医療でも薬の効果を、成分ではなくエネルギー状態にどう作用するのかという視点でみると、
同じ薬でも処方する医師や患者さんの意識状態(意識圧)の違いによって、結果が変わるのは当然の事だろうと思うのです。

子供の頃、お腹が痛い時におばあちゃんが優しく撫でてくれたら治ってしまったなんていう事が、気のせいではなく法則が働いた結果として理論立てて説明できる事だったのでしょう。
今の医療は人間を物質としてみているため、悪い部分を手術で取り除き、薬の成分で化学反応を起こして症状を緩和する流れですが、おそらくこれからは人の体もエネルギー体としてとらえて、それぞれの臓器が発する周波数を整えていく波動医療が主体になる時代が来るのではないでしょうか。

すでにロシアなどで開発された機器を使って診療に応用されている医師の方達もいらっしゃるようです。
ただ、波動に対する正しい理解が人々にもっと広がり、私達の意識もある程度まで高くならなければ
結果にもバラツキがでるような気がします。

周波数でスマートに病気を治す世界は、  あと100年後くらいでしょうか…

渋谷の桜はまだまだ綺麗でした♡

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム