食事と健康について

大きな自然災害や国際情勢変化の中、何となく先が見えない不安な時代になりました。
こういうときに求められるのは、やはり自分が心身ともに健康であること。
健康に不安があると前向きに行動ができなくなってしまいます。

体が弱かった自分が食事を変えて、ある程度の元気を取り戻した40代の頃は、とにかく「食べ物が体を作る」
という信念に凝り固まっていましたから、「添加物ダメ」「甘いものダメ」「乳製品ダメ」「生野菜は冷えるからダメ」という感じで
常に口に入れる物を無意識にチェックしては、いけないものを食べてしまったという罪悪感に苛まれていました。
きびしい食事療法をやっている方達で、なんとなく元気がなかったり顔色の悪い方を時々見かけますが、これはもしかしたら
あまりにも食べ物を、良い悪いで分離してしまう意識の偏りが原因ではないだろうかと気づいたのは、まだ東京で開業していた頃です。

そしてこれを理論立てて説明してくれたのがテネモスの飯島先生の考え方でした。
すべての物はエネルギーを増やすか減らすかどちらかの状態で、その方向を決める条件の中で一番大きく作用するのは
意識であるということ。
意識状態で大切なのは「中庸」つまり偏らない分離感のない状態であるということは、食べ物に対しても
あまりにも良い、悪いと条件をつけていると、エネルギーが入らなくなりますよということなのでしょう。

テネモスの勉強会でよく使われる言葉に「中和」というものがあります。
自然災害なども、よごれが溜まって偏ったところに低気圧をおこして雨や風で「中和」するという考えですが、
食事も同じ物ばかり食べずに、普段から色々なものを食べることで毒素が溜まる事を自然に「中和」するという
見方もあると思います。

だからといって何も考えずにファーストフードや好きな物ばかり食べていると病気になるリスクが高くなるのも事実だと思いますし、
現在不調を持っている方は、それを緩和する食べ方の食事療法もありますので、食べ物の持つ大まかな性質を知って
健康維持に役立てるのはこれからはとても大切だと思います。


こだわりすぎず、命を頂く感謝をしながらバランスよく食べるというのが、当たり前に言われることですが大切ではないでしょうか。


そしてもう1つ、心から「おいしい」と思って食べた時は胃腸が活発に動いて消化がとても良くなります。
札幌に大好きなレストランがあって、そこでおいしい食事をいただいた時はいつも腸がよく動いてデトックスされるのと同時に
ガッツリお肉などを食べてもぜんぜんもたれなくて体が軽く元気になります

体に良いものを食べよう! よりも
美味しいものを楽しく食べよう! の方が健康な心と体のためには大切かもしれません(*^_^*)

サロン入口横のジューンベリーにお花が咲きました。秋にはベリーの実がなります

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム