FC2ブログ

施術の心得

毎年冬には暖かい沖縄で過ごす時間を持つようにしています。
先日も沖縄の読谷村の友人仲間とともに、ログハウス風のサロンでイベントが開催されました。
素敵な音楽ステージがある1階ではA-sha(山根麻以さん)のライブや瞑想会、
テネモス国際環境研究会の釘本さんによる
水や発酵、空気活性のお話会があり、
2階では私が音叉を併用したフェイシャル施術を行いました。
別室ではタロットリーディングなども行われて、ちょっとしたイベントスペースのようになったハーモナイズでした。
時々”患者さんと向き合う時に心がけている事は何ですか?”
たくさんの訴えをきかなくてはいけないから大変でしょう? と聞かれる事があります。
私がいつもお答えするのは「この人を治してあげよう」とつよく思わないこと。
もちろんその時点で自分に出来ることはすべてやりますが、
この人をきれいにしたい、治してあげたい!という強い感情が入るとそれは自分の欲になってしまうからです。
利益のためでなく、患者さんのためにと思っても、相手を自分の思い通りにしたいという意識につながります。
やることは淡々とやり、あとはご本人に潜在する回復力にまかせるのが基本姿勢ですが、
この流れが自然にできた時には、予想以上の結果が現れる事もありますし、
私自身が何人施術をしても疲れないで元気でいられます。
もっともっとと強く作用させるほど、結果は逆になること。
繊細で微弱な力、偏らない中庸の意識ほど大きなエネルギーが入ること。
これはチューナー施術の際、マドモアゼル愛先生教えて頂きました。
頭では理解してますが、実際には逆やっちゃうことも多いです^^:
沖縄では金城龍太さんの個展も見てきました。
宇宙や動物を幻想的に描く素敵な作品でした。
       

 海の側で施術できることの有り難さを感じました。
 読谷村のハーモナイズ

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム