FC2ブログ

病気の捉え方

水泳選手が発症した白血病が話題になっています。

白血病は子供や若い人の場合、薬が良く効いて寛解に持っていけることが比較的多いと思いますが、
やはり抗がん剤の副作用は相当辛いものです。
さらに副作用を抑えるための大量の抗生物質や輸血も乗り越えなければなりません。

「白血病は癌ではなく、過労やストレスにより過剰に増殖した白血球の死骸をみているだけである。
だからストレスを減らして免疫をあげる治療をすれば必ず回復する。」
という考えの元、整体や自然療法で白血病を治療している先生もいらっしゃいます。

急性に発症して命の危機がある場合は、応急的な抗がん剤は必要かもしれませんが、
それだけでは体力落ちる一方ですから
片方では免疫を上げる治療も同時にやるべきなのですが、
こちらは西洋医学の病院ではできないし、一般の病院には知識のあるドクターもいません。

結局は自分で探すしかないのですが、その意識の転換が生き方の転換にもなると思います。

病気は意識のあらわれといいます。

100分の1秒を競って成績を上げなくてはいけない世界、
周りの期待に答えなければというプレッシャーの中で発症した病気は
その生き方をちょっと見直すように教えてくれているのかもしれません。

逆に、自分に正直に生きる道を選ぶ有名人も増えてきました。。
嵐の大野智さんは
「アイドルという姿に違和感を感じてしまった」
「何者にもとらわれず、本当の自分に戻りたい」というような事を言って活動休止宣言をしました。

柔道の松本薫さんも子供のためにと引退宣言し
「もう戦わなくていいと思うとホットする」と言ってます

今年は特に、意識や人生のプログラムを変えて、
自分らしく生きたいと思う人が増えてくるのではないでしょうか。

安室奈美恵も、、、、
天皇陛下でさえも、、、、

オリンピックを控えた18歳のトップアスリートなら、
おそらく担当医も白血病の専門医として、最大限まで徹底的に抗がん剤を使うのでしょう。

どうか、癌細胞をたたくばかりでなく、薬に負けない抵抗力をつける治療も平行して
一時、戦うモードから離れた意識になってほしいと願っています。


札幌で開催された、適応障害をもつ子供が描いた絵の展覧会で一番のお気に入り

コメント

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム