FC2ブログ

ブータンの鼻歌

いつも東京や沖縄へはANAを使いますが、機内誌の「翼の王国」は毎月楽しみのひとつです。

特に全国様々な職場で働く人達の、お弁当の写真とエピソードが載っている
「お弁当の時間」が私のお気に入りです

最近の記事で印象に残ったのが、イラストレーターの女性がブータンを旅行した時の話。
ブータンはお金持ちではありませんが、国民の感じる幸福度が世界1の国です。

確かこのような内容でした。
『 聞く所によればブータンには「ストレス」というものがあまりないそうだとか。
  
 ブータンの民宿に泊まった時、シャワーのチューブから水が漏れて来て使えず、
 あわてて宿の若い女性を呼んだら、
 蛇口や栓を調べながら笑顔で鼻歌を歌っている。
 
 こんな時に鼻歌か!余裕だなー!と思いながら待っていると、
 突然栓が抜けて水が噴水状に溢れ出して床がビショビショになってしまった。
 
 すると水量と伴に鼻歌の大きさも倍増し、
 さらに助けにやって来たご主人も一緒に笑顔で鼻歌を歌い始めた。
 
 えっ!こんな時にデュエット??
 しかもずっと笑顔‥‥

 結局みんなずぶ濡れになり、やっと水は止まったが、謎の鼻歌の衝撃は止まらなかった。。
 
 その後私は、ストレスを感じた時にいつの間にか鼻歌を歌っている自分に気がついた。
 鼻歌は深呼吸に似ている。
 焦る気持ちが落ち着き、かえって問題に集中できる。
 そこから希望を見い出す事もできる気がする。
 
 ブータンから学んだ鼻歌の技はいつの間にか私の生きる知恵となっていた。 』   

さすがほほえみの国ブータン!
人は幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔でいるから幸せになる。
幸せは自分の外側の条件からもたらされるものではなく、自分の中で作り出せるものだということ

よく聞く教えではありますが、あらためて納得できたお話でした。^^


庭に一斉にお花が咲き始めました
       

コメント

プロフィール

MIZUE

Author:MIZUE
────────────────

皮膚科医 女性

2014年まで東京で美容皮膚科を
開業していましたが、
このたび実家のある北海道へ移り
小樽の海辺の家で
美容と癒しのサロンを開きました。

自然の力に感謝しつつ、慣れない
北国の生活を楽しんでおります。

サロン・ド・プラージュ
http://www.plage-clinic.com/

────────────────

検索フォーム